施術の「刺激が強い」と言われました「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

あけましておめでとうございます。

今日は【刺激】をテーマに
お話させていただきます。

正月早々、友達と勉強会をしてきました。
勉強会と言っても、
しゃべり9割、実技1割という感じ。

でも、9割のしゃべりも体や技術の話なので、
無駄なことはなく、実技も話の流れで、
「こんな感じでやるんだよ」みたいな感じ。

勉強会といっても二人だったんですが、
相方(先輩ですが)が
「左腰が痛い」と言うので、
どんな動きで痛みが出るのか?動いてもらうと、
後屈、右屈、左捻じりで左腰に痛みが出ました。

ちょっと調整をして、再確認すると、
後屈が残ったので、
「仙結節靭帯で取ろう」となり、
伏臥で私がいつも現場でしている感じで
仙結節靭帯を緩めたんですが、
「…痛い!!もっと軽くていいよー」
と言われました。

「え?マジすか…?」

普段よりも、
全然チカラを入れていないんですけどぉ…

そう言えば、
身体均整法 創始者の亀井進氏も
「刺激は軽ければ軽いほどいい」
と遺していて、
「施術を繰り返していくと、
圧が強くなってくるから、何人かみたら、
圧の重さを確認するようにしている」と。

施術所には、測りが置いてあり、
圧の重さを確認していた記述も残っています。

もちろん、
院に来てくれている患者さんの
嗜好もあると思うので、むやみやたらに、
軽い刺激がいいとは言いません。

患者さんの年代や症状に合わせて、
柔軟に刺激を変えられ、結果が出れば、
一人前なのかな。と思った次第。

自分では刺激は弱い方だと思っていたので、
これはこれでちょっとショックでした💦

で、結果ですが、
軽い刺激でも後屈の残りは取れました。

やはり刺激は軽い方がいいですね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆☆追伸☆☆
効果のあった症例を解説しています。
【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリー
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)