整体は不況に弱い業種なのか?「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

整体の専門学校に行っていた時、
ある先生が行ってました。

「この業界、景気が悪くなると、
最初に行かない候補に上がる」と。

痛みがあっても、それなりに
がまんしても生活は出来るから、
お金を使わない候補の
1番に上がるのだとか。

そんなことが頭の片隅の隅に
あったのですが、コロナで
「そんなことはない」と感じました。

新型コロナウイルスで
世界的に生活環境が変わり、
元々、便利な世の中がさらに便利になり、
在宅ワーク、テレワークが主流に。
そして、
ワケーションなる言葉も生まれる始末。

ですが、生活環境、スタイルが変わろうが、
世の中、便利になろうが、人が抱える痛みは
自分ではどうすることもできません。

営業で車に乗ることがメインだった人が
内勤になり、パソコンに張り付くようになると、
営業の時、痛かった腰が、
肩こり首こりに悩まされるように、
環境、生活スタイルと
身体の痛みは関連しています。

新型コロナウイルスで在宅ワークが増えた結果、
院では、数年ぶり、十年ぶりに来られた患者さん、
2~3か月に1回、定期的に来られていた
患者さんの来院頻度が増えたり…
院としてはうれしい悲鳴です。

何を言わんとしているのかと言うと、

体の不安、恐怖、悩みは不変

と言うこと。

ファッションなら流行りがあります。
それも大体、1シーズン。

食べ物もブームがある。
これは持って1年、短ければ1クール(三ヶ月)

SNSも流行り廃れがある。
アメリカには日本では広まらなかったSNSが
たくさんあります。

体の痛みって紀元前からあるわけですよ。
人として2足歩行になってからだから、
仕事として見たら、
一番長く続いている職業なんじゃないの?
と思うくらい。

そこには流行りも廃れもありません。
痛みに対してどう解消さすか?
生活の質を上げる、
元に戻すためには必要不可欠な仕事。

改めて考えると、
素晴らしい仕事に
就いているなと感じました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆☆追伸☆☆
効果のあった症例を解説しています。
【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリー
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)