目の疲れからくる肩こり、首こり解消法「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

テレワークが増えたせいか、
肩や首こりの患者さんが増えています。

それに伴い、
「目が乾く」
「ショボショボする」
「目が明けにくい」

なんて言う患者さんも増えています。

今日はその解消法を紹介します。

 

後頭下筋ってあるじゃないですか?
上下の頭斜筋、大小後頭直筋とか。

ここを緩ますことがポイントです。

これらの筋肉って
眼球運動とリンクしていて、
眼球運動は後頭下筋の緊張させます。

そして、目の使い方、
特に頸部の使い方によって
背部の緊張も起こります。

と、言うことは?

頸部を緩めることで、
肩胛間部、腰部、臀部の
頑固な症状も緩ますことが
可能になるんですね。

これを仰臥位で
緩ましてもいいんですが、
この場所を圧定しておいて、
患者さんの【目】を
右に、左に、上に、下にと
動かしてもらいます。

「右を見て~」と5~6秒。
「左を見て~」と5~6秒。

「上を~…」「下を~…」と
同じように動かしてもらうことを
3~4セットしてもらいます。

その後、圧定していた場所を
触ってみると、
緩んでいることが確認できます。

プラス

棘上筋が硬くなっていることが多いので、
第2~4の胸肋関節が狭くなっているので、
「やさしく」緩めてあげてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆☆追伸☆☆
効果のあった症例を解説しています。
【見るだけで臨床経験が積める】
整体知恵袋ライブラリー
→ http://seitaichiebukuro.online/optin/1-2/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)