1. TOP
  2. 整体
  3. 触診を極めるためのRule of 3’s「整体知恵袋.com」

触診を極めるためのRule of 3’s「整体知恵袋.com」

整体 法則
この記事は約 3 分で読めます。 56 Views
こんにちは。
整体知恵袋の田中です。


「手が目になるまで10年」

学生時代、H田先生に言われましたが
その倍はすでに経ちましたがまだまだです。

触診って難しいですよね。

昔、古参先生に院にお邪魔した時、
教えていただいことで、
「椎骨は毎日(変位を意識して)触りなさい」
と言われました。

触診力が上がれば、
痛みの原因場所が的確に探ることができます。

そうなれば、症状改善もしやすくなり、
患者さんからの信頼信用度もあがります。
そんなわけで今日は
「脊椎(胸椎)の触診法」をテーマに
お話させていただきます。

実は胸椎には
「3の法則」
というものがあります。

これは12個の胸椎を
3つずつ、4区画に分けて、
それらの棘突起と横突起の関係性を説いたものです。

これを理解… 知るだけでも
触診力は上がるはず。


では、いきます。

【棘突起】
✓D1~3
頸椎のように後方へ伸びた棘突起になっています。
なので、
棘突起は同じ椎体の横突起と同じ高さにあります。

✓D4~6
ここは少し下向きの横突起。
なので、
棘突起先端は同じ椎体と
1つ下の椎体の横突起との間の途中にあります。

✓D7~9
ここの棘突起は、かなり下を向いているので、
棘突起は1つ下の椎体の横突起と同じレベルにあります。

✓D10~12
ここの棘突起は腰椎のように再び水平に伸びています。

【横突起】
✓D1~3:横突起は棘突起と同じレベルにある。

✓D4~6:横突起はそれぞれの棘突起と1つ上の棘突起の中間にある。

✓D7~9:横突起は上位椎体の棘突起レベルにある。

✓D10~12:横突起は棘突起がより水平となっているので、
上記3グループとは逆になる。
(D10はD7~9と、D11はD4~9と、D12はD1~3に類似している)

多少ずれていても問題ないと思うんですが、、
脊髄神経反射を使う時、
ずれたら全く意味をなさないので
注意しないといけません。

また、ロベットブラザーの法則を
使う時とか(あるんか?)覚えておくと
的確に刺激を加えることができると思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】

姓

メールアドレス



					

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 膝が痛い原因「整体知恵袋.com」

  • ワクチン接種で笑われました「整体知恵袋.com」

  • 強みを持とう「整体知恵袋.com」

  • シュハリしているか?「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • ソコじゃないんだよね「整体知恵袋.com」

  • 効かない施術には訳がある「整体知恵袋.com」

  • 100円ショップの思い出「整体知恵袋.com」

  • 値段が高くて長く通えないと言われたら「整体知恵袋.com」

  • なかなか改善しなかったアキレス腱の痛みを解消させた意外なポイント「整体知恵袋.com」

  • 痛みの原因場所を見つける方法「整体知恵袋.com」