1. TOP
  2. 整体
  3. 足の長さについて「整体知恵袋.com」

足の長さについて「整体知恵袋.com」

整体 独り言
この記事は約 3 分で読めます。 116 Views
こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

先生は【脚長差】って気にしていますか?
私はあまり気にしない派なんですが、
とある文献によると、

「短下肢を無視して施術することは、
便秘の患者に食事療法を無視して
便秘治療を行うのと同じくらい愚かなこと」

のようです。

また、

「下肢長差は正常の人よりも、
腰痛患者に2倍以上認められる」

ということも書かれています。

私の認識の中では、
足が短い側というのは
骨盤が後方変位していることが多い、
と言う感じくらいだったんですが、
なかなか症状が改善しない時、 
脚長差を整えると、 症状が改善することもあるので、
あながちスルーすることができないのかな、と。

そこで、先日読んだ本、数冊に 
短下肢の話がちょい出ていて 
なかなか面白かったので、 
自分のアウトプットをかねて 
シェアしたいと思います。 

結論から言うと、 
短下肢があると短い側の腰筋、 
特に腰方形筋に負担がかかる。 

観察点として、左短下肢を例に取ると… 

✓左臀溝(坐骨の部分。経穴で言う承扶)が低い。 
✓左上後腸骨棘上の窪みが右より低い。 
✓左腸骨稜が右より低い。 
✓左のウエストのくびれが減る。 
✓立位の於いて、前屈すると左臀部が右より低い。 
✓骨盤が傾き、短い側の肩が下がりる。 

また、トリガーポイントが 
形成されていなければ脚長差が 
左右で1.3㎝の差があっても 
生涯無症状で過ごすことが可能。 

だが、一度何かしらの理由で 
トリガーポイントが出来ると 
わずか0.5㎝の差であっても症状は出てくる。 

この時トリガーポイントが出やすいのが 
前述した腰方形筋。 

短下肢を矯正しないで放置しておくと、 
慢性腰痛になるだけではなく、
同側の頸部の筋肉にも負担がかかり、 
新たにトリガーポイントが形成され、 
頸部痛や頭痛を発生させることになる。 

観察点はもちろん、
放置しておくことの問題があれば、
脚長差を診ない訳には行かないですね(笑) 

均整法でも短下肢の話はあるのですが、 
上記の考え方とは違った側面で 
説かれているので、
これはこれでまた機会が 
あればまた紹介したいと思います。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】

姓
メールアドレス



					

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 肩胛挙筋を緩める“カンタン”な方法「整体知恵袋.com」

  • 下半身の諸問題を解決する方法「整体知恵袋.com」

  • オーバードーズに気をつけろ「整体知恵袋.com」

  • 知っていることは多いほうがいい「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 施術でこんな経験ありませんか?「整体知恵袋.com」

  • 施術を受けずに帰った腰痛の人「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

  • 施術で困った時の解消法「整体知恵袋.com」

  • 自分のことは言うな!!

  • 同業者がしていることをカンタンに知る方法「整体知恵袋.com」