施術を受けずに帰った腰痛の人「整体知恵袋.com」

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康です

 

先日、

「腰が痛い」

という男性がお見えになりました。

ちょうどその時間は、

予約がなく、時間的にも診れそうな感じでした。

 

話を伺うと、

 

・腰の痛みはずいぶん前から。

・今朝、急に痛みが増した。

・とにかく今日、なんとかしてもらいたい。

・保険で。

 

というようなことでした。

結論から言うと、私はこの男性、

診ませんでした。

 

というか、いろいろと

話をしていくうちに男性のほうから、

「へー」「はー」「ほー」と言いながら、

座っていた状態から中腰になり、立位になり、

玄関に向かい、靴を履き、

何も言わず、出ていきました。

 

この男性。

・前から腰が痛く今朝、急に痛みが出た。

なので、明らかに腰が原因とは考えられない。

 

・しかも、「保険の範囲で」を強調。

なので時間がかけられない(かける必要もない)

 

・保険だと時間(日数)がかかることを伝えると、

「えぇ~!?」と言い、

自費だと日数は少ないが、それなりに金額が

かかることを伝えると、「えぇ~!?」と。

 

もちろん、保険診療と自費診療の違い、

メリットデメリットを話したのですが、

どうしても「今日」「保険で」と

こだわっていたみたいで、

お帰りになられました。

 

整体1回と保険診療(初診再診込み)10回で

同じような金額なので、痛みをおして、

時間をやりくりして10回通院するのなら、

5,000円出して整体を受ければ、

体を動かす範囲が広がり、

痛みが取れ、

痛みの原因場所がわかり、

苦痛から解放されるのに、

もったいないなーと思ってしまいました。

 

これはおそらく、ここ数年、台頭している

60分1,980円とかのマッサージ屋のせいだ思います。

「痛みがあるから揉んでほしい」

「揉めばよくなる」というイメージしか

ないんだろうなと改めて思い知らされました。

 

人が動く欲求は根源的に見ると

「苦痛から逃れる」と

「快楽を得る」の2つしかありません。

 

「快楽を得る」はこれまで何回も経験をしていて、

その感じ(幸福感)を分かっている。ですが、

「苦痛から逃れる」行動は、慣れていない、

あまり経験していないということが多く、

人は楽な方を選ぶので、

「快楽を得る」=「揉んでくれ」を

選んでしまうのでしょうね…

ですが、私個人の考えとして、

保険の範囲で整体の技術を行使することは、

自費で何年も来てくれている

患者さんに失礼なので、やりません。

 

今日はここまで。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康

 

―――――<お願い>―――――
「整体知恵袋.com」をあなたの周りにおられる
整体、整骨院などの手技療法をされている、
または、これから始めようとしているという、
お知り合いにご紹介くださいませんか?
メールマガジンの購読はもちろん無料。
気に入らなければいつでも簡単に購読解除が出来ます。
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/rS87
お名前、メールアドレスを入力後、
「登録」ボタンをお願いします。
――――――――――――――
メールマガジン:整体知恵袋.com
発行責任者:田中 博康
発行者住所:千葉市稲毛区長沼町293
メールアドレス:tanakadf0916□gmail.com
(□を@に変えてください)
――――――――――――――ー
アドレス変更はこちら
https://mail.os7.biz/mod/rS87
メルマガ解除はこちら
https://mail.os7.biz/del/rS87

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)