帰ってしまった患者さんへ「整体知恵袋.com」

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠 田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週、髪を切りに行きました。

たまに美容院に行きますが、

私は今でも床屋派です。

 

この床屋さん、自宅兼店で、

今でこそ一人でやっていますが、

昔は、先代夫婦と今のマスターと奥さんの

4人でやっていた時代もありました。

 

先代もお亡くなりになり、マスターは離婚…

娘さんは美容免許を持っていますが、

今はマツエクの店で働いています。

 

もうかれこれ30年くらい通っているので、

ここの仕上がりに慣れているので、

他だと、なんかしっくりこないんですよね。

 

LTVが劇的に長い床屋さんに行ったら、

「時間かかるよ」と言われました。

 

そのあと、予定を組んでいた私は、

「今日はムリ」と判断して、

別の日に行くことにしました。

 

治療院もそうですが、

一人でやっていて、つきっきりだと、

待ってもらうか、別の日に来てもらう、

となりますが、別の日だと、

その日の売上が変わってきます。

 

別の日に来てもらえればいいですが、

そのまましばらく来なくなっちゃう、

なんてこともあります。

 

こんな時、患者さんが

「また(別の日に)来るわ」となったら、

自費(ウォーターベッド、吸い玉とか)の

割引券を渡しておくと、

次回に使ってもらえる率が上がります。

 

もちろん、

割引券は期限をつけておくのが必須。

ただでは帰さない作戦ですw

 

患者さんも、何かもらえば、

返報性の法則で、

「近いうちに行こう」

となる人もいます。

 

割引券を渡すことに

抵抗を感じる先生もいるかもしれませんが、

このようなシチュエーションは

頻繫にあるものではないので、

そこまで深く考えなくても大丈夫です。

 

患者さんのメールアドレスや

院のLINE@(現:公式LINEアカウント)で

患者さんとマンツーのやり取りができれば、

「今日はせっかく来ていただいたのに~」

みたいな一言を入れておくといいですね。

(ハガキだとタイムラグが
でてしまう場合があるので)

 

今はさまざまな選択肢があるので、患者さんも

「ここじゃなきゃダメ」

というコダワリはよっぽどじゃないと

ないことが多いです。

 

なので、こういった小技で、

媚びを売るわけではないですが、

「大切にしてる感」を出していき、

囲いこんでおきましょう。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)