サウナで気づいたアソコを緩める方法「整体知恵袋.com」

患者さんが定期的に通いたくなる
手書きはがき作成の匠 田中博康です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は「鎖骨窩」について
お話をさせていただきます。

この話を知ることで、
肩こりや肩の動き、首こりに困っている
患者さんに喜ばれると思います。

 

最近、、サウナにハマっています。

春から2年半ぶりに
ジムに通っているんですが、
閉館時間間際に行き、軽く運動して
お風呂はジムで済ましています。

 

サウナには普通の時計と同じ感じで
1周で12分の時計と、テレビがあります。

 

サウナに入り出したころは、
テレビを見ながら、暑さに耐え、
事あるごとに時計を見ては、

 

「まだ3分か…」

「まだ6分か…」

 

と10分、12分経つのを
半分ガマンしていました。

 

ですが、ただ、時がすぎるのを待つのは、
もったいない、と思い、
首のストレッチをすることにしました。

 

そして、この2~3日で
気が付いたことがあります。
それは、鎖骨窩について。

 

ここが狭いと、
胸郭出口症候群になりやすいとか、
腕が上がりにくいとか、言われますよね?

 

だからと言って
鎖骨窩をグリグリやるのは…
それも一つの手ですが、
あまりおすすめしません。

 

そこで、
ここを緩める方法、というか、
鎖骨窩が狭いと手首の掌屈が固い、
ただ、固いだけではなく、

掌屈した時に、前腕の伸筋群が
張る場所があるんですが、
そこら辺を入念に緩めると、

手首の掌屈の可動域が広がるとともに
鎖骨窩の狭いのが緩んできます。

 

あとは尺骨を調整したりしないと
いけない場合もありますが、
手首の掌屈だけでも緩んできますので、
余裕があればやってみてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
痛みがなくても定期的に通いたくなる
治療院を創る手書きはがきの匠 田中博康
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)