1. TOP
  2. マーケティング
  3. 院に来てもらうきっかけを作ろう「整体知恵袋.com」

院に来てもらうきっかけを作ろう「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

「やっぱりタダじゃ済まなかった!!」

 

という見出しに

思わず目が行ってしまいました。

 

どういう事かと言うと、

少し前、某大手ハンバーガーチェーンの

コーヒーがリニューアルしたということで、

期間と時間限定で無料サンプリングを

開催していました。

 

その「コーヒーを“タダ飲み”して来た」

という感じのレビューが

ネットニュースみたいなものに流れてきました。

 

この見出しをみた私の脳の中で、

 

「そりゃそうだろうよ
相手はマックだもん」

「それはクロスセルだな」

「ポテトも一緒にいかがですか?」

 

というワードが瞬時に出てきました。

 

記事を読み進めていくと、

コーヒーを無料で飲みに行ったら、

(当然の如く)
「ほかに何かご注文はありますか?」

と聞かれ、断り切れず、

大して空腹でもないけど、

ハンバーガーを頼んでしまった…。

という内容でした。

 

マックはこの手のマーケティングがうまくて

まだ(バリュー)セット販売がないころ、

「ご一緒にポテトもいかがですか?」

という“マジックワード”で

売上を伸ばしたということがあり、

それからマックはセット販売をしている今でも

「他にご注文はありますか?」と

たたみかけてくることがあります。

 

これはマーケティング用語で

「クロスセル」とか

「アップセル」とか言ったりします。

 

クロスセルは関連する商品を勧める手法。

無料コーヒーなら、

「新しい三角チョコパイがでました。
コーヒーのお供にいかがですか?」

とか、

おやつくらいに時間帯なら

「ホットアップセルはいかがですか?」

みたいな感じ。

 

施術で言うなら、

お灸とか吸い玉とかを勧める感じですね。

 

アップセルと言うのは、

ワンランク、ツーランク上の

商品、サービスを勧めること。

 

保険診療だけの患者さんに対して、

自費診療を勧めるとか、

いつも、ほぐしししか受けない患者さんに

整体があることを勧めるとか。

 

あとは無料ということで

「お店に来てもらうきっかけ」

づくりになります。

 

ここでよくやりがちなのが

「単に来てもらうだけ」ということ。

 

その後、来てもらったお客さんに対して

何をしてほしいのか?

というのを決めておかないと、

無料で商品をばらまいてオワリ。

ということになり兼ねません。

 

マックは無料で来てもらって、

「アップセル」

「クロスセル」をすることで、

売上アップを狙っているんですね。

 

これを治療院でやろうすると、

健康相談とか、体操教室とか、

ストレッチ指導とかで、

新規を狙うか、または既存患者さんに

友達を連れて来てもらって開催するとか、

色々、考えることができます。

 

間違っても

カラダや健康関連に関係ないもので、

来てもらおうとしないでくださいね…

 

 

 

追伸:

私も無料コーヒーを飲みましたが、
セブンイレブンの挽きたてコーヒーには
敵わないんですよね…

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
整体知恵袋.com
今、あなたが、お読みの【整体知恵袋.com】を
購読されませんか?

もちろん、「無料」です。

体の痛みのことはもちろん、
整骨院、整体院の売上アップの
ヒントがたくさんあります。
院の売上げをアップのヒントを手に入れる

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 直接的?間接的?「整体知恵袋.com」

  • 瞑眩反応について「整体知恵袋.com」

  • おすすめの本を紹介します「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • セミナー、してきました「整体知恵袋.com」

  • 怪しい美顔器「整体知恵袋.com」

  • 【実例】ダイレクトメールの効果

  • ダイレクトメールの返事が!!「整体知恵袋.com」

  • 回数券、あるんですよ「整体知恵袋.com」

  • 盆休みでも考えてほしいこと「整体知恵袋.com」