リピート率が上がる⁉方法「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

例えは悪い感じがしますが、

今日の内容を知り、実践すると

患者さんのリピート率が上がるのでは?

という話をさせていただきます。

 

 

こんな話があります。

 

ある実験で老人ホームの老人、

一人一人に観葉植物を配りました。

 

半分は職員が観葉植物の世話を。

残りの老人は

自分で観葉植物の世話をしました。

 

そして、半年後。

 

職員が観葉植物を世話した老人の

30%が亡くなってしまいました。

 

一方、自分で観葉植物の世話を

していた老人のうち、

亡くなったのは15%でした。

 

そうなです。

自分で観葉植物の世話をすると

生存率が上がるんです。

 

これ、自分で物事を

コントロールするということが

心身にどのような影響を与えるか?

を調べる実験なんです。

 

この話を聞いて、感じました。

 

院に来てくれる患者さんも

それに近くないか?と。

 

こちらが予約の日を決める患者さんと

「〇日にきます」

「次は〇日にお願いします」

と言ったように患者さん自身で

決められるほうが症状の改善が早い。

 

もしかしたら、これを読まれている先生も

思い当たるフシがあるかも知れません。

 

今はコロナ災禍でなかなか

患者さんの通院が難しくなっていますが、

コロナ終息の時は、このことを思い出して、

先生が予約を決めるより、

患者さん自身で決めさせてみてください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
「整体知恵袋.com」
無料メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/rS87

登録していただくと、
「客商売をしている以上は知っておきたい!!
お客さん7つの層」レポートプレゼント中。
ーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)