1. TOP
  2. マインドセット
  3. 眠っているモノを放置していませんか?「整体知恵袋.com」

眠っているモノを放置していませんか?「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「価値の階段」というお話しを

させていただきます。

この話を知ることで、

施術だけという1つになりがちな、

整体のメニューを増やすことができます。

 

 

これまで先生は施術のことだけ勉強してきた、

ということではないと思います。

 

食事、栄養のことだったり、

運動に関することだったり、

もしかしたら、

経絡(ツボ)も

勉強している先生もいると思います。

 

 

私がトレーニングをする

きっかけになったのも、

患者さんにストレッチや

簡単なエクササイズを

教えるためでした。

 

もちろん、その前から、

お遊び程度で筋トレをしていましたが、

患者さんに情報を教えてあげたい、という

目的ができたので、俄然、やる気が出て、

マッスル&フィットネスというアメリカの

トレーニング雑誌(日本語訳)を

毎月、購読して筋トレや栄養に関する知識を

頭に詰め込んで行きました。

 

もちろん、それは今でも

十分に役立っています。

 

昔、院の近くに

社会人ラグビーチームの独身寮があり、

屈強なカラダをした選手たちが

来てくれていた時、

トレーニングの話をしたり、

「ファーマーズウォークをしていて、
肩周りを痛めた」

ということを聞いても、

ファーマーズウォークがどんな動きで、

どれくらいきつい種目なのかも分かり、

それだけで、会話が弾みこともありました。

 

食事のことや、ストレッチ、軽い運動など、

普段、患者さんと何気なく話している

体についてのことをさらに深掘りすることで、

先生から話を聞きたい、

もっと色んなことを知りたい、と

言う患者さんが少なからずはいるはずなので、

そんな患者さんに向けて、

そういうことを教えるメニューを

作ってみてはどうでしょうか?

 

「そんな知識、ないよ~」

という場合でも大丈夫です。

 

ストレッチや運動の指導などを

施術に組みこんこんだ

特別コースを作ることもできます。

 

また、3か月集中施術コースと名付けて、

3ヶ月をワンクール○○円として、

この期間だけ定額で受けられる、

と言ったようなメニューも

作ることができます。

 

もし、先生が院のメニューを増やしたい、

「収入の柱を作りたいけど、
機械を買うのもなぁ…」という場合、

先生がすでにもっている知識を使って

何か今のメニューに価値を足せないか?

ということを考えてみてください。

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 直接的?間接的?「整体知恵袋.com」

  • 瞑眩反応について「整体知恵袋.com」

  • おすすめの本を紹介します「整体知恵袋.com」

  • 専門書の正しくない読み方「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 【実例】ダイレクトメールの効果

  • 業界のあまりいい話ではない話「整体知恵袋.com」

  • 通院の本気度を調べる方法「整体知恵袋.com」

  • 首の緊張を取る方法「整体知恵袋.com」

  • 腰が痛くなった理由「整体知恵袋.com」

  • イメージしやすくしよう「整体知恵袋.com」