いまさらながら9年前に買った本を読んでみた「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

ここに1冊のキレイな本があります。

 

奥付を見ると、

「2011年4月23日初版第1刷発行」

とあり、その下に小さく

「20110731」と書いてあります。

 

私は買った本に日付を書くクセがあり、

その日付が、発行されて間もない時期に

本を買ったことを証明しています。

 

ですが、この本、かれこれ9年経ちますが、

読んだ形跡がほとんどありません。

 

ほとんど読んでいないこの本は、

腰痛に特化したトリガーポイントの本です。

 

なぜ、9年も読んでいない本を

棚から取り出したのかというと、

最近、トリガーポイントにハマりまして…

 

 

この本、場所(筋肉)別に分類されていて、

 

この筋肉にトリガーポイントがあると

こういう動きで痛みがでる、

 

というような感じで

インデックス化されているんです。

 

施術前に細かく動きの検査をするスタイルの

私にとっては、施術のポイントが絞れる、

と思い、目を皿のようにして読んでいますw

(いまさらですが)

 

そして、読み込むことで、

今まで臨床でしてきたことの裏付けが

できるようになってきました。

 

腰痛だけの本ですが、

なかなか使い勝手がいい。

 

なぜ、9年もの間、

本棚の肥やしにしていたのかが疑問です。

(いまさらですが)

 

ですが、この本、フリマアプリで

検索して見ると、かなりの冊数が

出品されています。

 

使いこなせないのか、

思っていた内容と違っていたのか、

分かりませんが、

もったいないなぁと感じます。

(いまさらですが)

 

 

鍼が使えない分、

今のうちに(10年越しですが)

トリガーポイントを

極めておこうと思います。

(いまさらですが)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)