施術が上手くなる方法「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

 

『基本が応用になって奥義になる』

 

そんな話を昔、一緒に働いていた

武道をしている先輩から聞きました。

 

話の前後は忘れてしまいましたが、

話の途中で、ふいに先輩が

 

「やっぱりさ、武道もなんだけど、

施術も基本が大事だよね。

まぁ、何でもそうだけどw」

 

と、いうことで、

冒頭の言葉が出た気がします。

 

 

その言葉を聞いてから、

少なくとも18年は経っていますが、

最近になって、さらにこの言葉の意味を

感じるようになってきました。

 

どういうことかと言うと、

 

日々の施術の中で、

 

「あ、こういう症状の場合、

こんなところに反応が出ているんだ」

 

と得られた気づきなどを、

「これはいいこと見つけたな」と

そのあと、何人も患者さんに試してみて

再現性を確認したりして、

 

その効果を確実のものにして、

自分の施術ストックとして格納して

スキルが上がっていく感じがするんですが、

 

意外と、こういうことって

全部が全部ではありませんが、

昔、読んでいた本に

まんまではありませんが、

それに近いことが書いてあったりして、

 

「え~!!ここに書いてここにあるじゃん…」

 

ということがあります。

 

で、

その本を買ったのが、いつなのかと、

振り返ると、15年以上も前だったりして

「なんで買った時、気付かなかったんだ」

となるんです(笑)

 

しかも、初版が50年も前とかの本なんです。

 

やっぱり基本は大事なんだなと。

 

私たちはついつい新しい技術、テクニックに

目が行ってしまいがちですが、

患者さんの症状をよくするための技術は

自分の家、院の本棚にあるかも知れません。

 

そして、それは、

 

この世界に足を踏み入れた時に

買った本の中に。

 

ある意味、それが

自分の治療家としての基礎ですからね。

少なくともそこから

影響を受けていることは間違いないので。

 

 

「治療家になった時、買った本があまりない」

ということであれば、最速で技術のストックを

集める方法があるのですが…

 http://chibasalesup.com/archive-s/

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)