難しい患者さんでも、引き受けよう「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は「お願いごとは試されごと」を
テーマにお話させていただきます。

 

「こんな車、作れないよ」

 

クロネコヤマトが配送車をカスタムして
自動車メーカーに設計図を持って行き、
ヤマトの車を作ってもらおうとしたとき、
ほとんどのメーカーに言われた言葉です。

 

じゃあ、ヤマトは
どんな車を作ろうしたのか?

 

今でこそ街中でよく見る
ヤマトの配送トラック。

 

助手席は普通の車と同じで
開きのドアなんですが
運転席はスライドドアなんです。

これは、配送先で車を停めた時、
ドライバーが逐一、後方確認して、
ドアを開ける時間を節約するため。

頻繁に乗り降りするドライバーからみたら、
後方確認する時間さえ1日でみたら、
どれくらいの時間になるか、
想像に難くありません。

 

車体は低めにして、高さを作ることで、
ドライバーが荷物をピックする際、
中腰姿勢にならないようになっています。

 

運転で座りっぱなし、
荷物のピックで常に中腰でした。

これでは腰にいいことありません。

 

そんな過酷なドライバーに対して、
運転しやすい、作業がしやすいように
カスタムされた車を作ろうとしたのですが、
前述の通り、断られまくり。

 

でも、1社だけ

「やりましょう」

と賛同してくれたのがトヨタ。

 

完成した車をみた断った他のメーカーは、

「なんだ、
これくらいならうちでもできたのに…」

でした。

「前例がないから」と
断ってしまっていたんです。

 

そのあと、ヤマトは
常温の荷台にクール用の冷凍庫が付いた車や、
通常配送で多くのカスタムカーをトヨタに依頼。

 

トヨタはトヨタで
ヤマトから車の受注を受け続ける、
という独占的な契約を
取り付けることができました。

 

もし、先生が患者さんから
無理な要求があったり(どんな要求だ)

今の自分の施術レベルでは
対応できない患者さんが来られた場合など、

今回の話のように、継続的な通院、または、
その患者さんが色んな人を
紹介してくれるかも知れません

そんな不順な動機で
施術をしろとは言いませんが、

なにかお願いされるということは
何を試されていることでもあるので、

ひとまず、引き受け、やってみると
これまで得られなかったことが
得られる可能性大ですよ。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)