後ろに反ると痛い腰「整体知恵袋.com」

整体知恵袋の田中です。

 

今日は

「後ろに反ると痛い腰」

についてお話しさせていただきます。

 

後ろに反る=後屈ですが、

あくまで経験上で個人的な考えですが、

これは腰だけの問題ではなく、

背中の問題であることが多いのですが、

最近、違う改善法(点)を見つけ、

そこそこ再現性があるので、

それをシェアしたいと思います。

 

 

施術前の検査で後ろに反ってもらうと、

 

腰の真ん中、

腰の下の方(腰仙あたり)

腰の上の方(胸腰椎移行部あたり)

全体的に、

左に、

右に、

鼠径あたりに…

 

痛みが出るパターンが多いです。

 

ひどい場合は、

 

膝を曲げて「後ろに反る」ように見せている、

 

腰は反れているけれど、

頸より上は前を向いたままでうまく反れない、

 

そんな患者さんもいます。

 

前述した痛みが出る場所、

全部に効果がある訳ではありませんが、

後屈に効果的な場所は肘の内側です。

 

特に内側上顆。

 

この間も、

腰の全体が痛いという患者さん。

 

「前屈は大丈夫。

後屈と右屈をすると左腰に痛みがある」

 

ということで、内側上顆を押さえつつ、

 

「これで後ろに反ってください」

 

と言い、反ってもらうと

 

「あれ?痛くない。なんで!?」

 

と感嘆の声をいただき、そのまま

左の内側上顆(+その上下)をほぐしました。

 

施術中も

 

「なんで肘!?」

「肘が原因か…」

「そりゃ腰、触ってもよくならないよな」

 

と驚きを隠せない感じでした。

 

あとは内側上顆付近に

関係のあるD1の動きをつけ、

再度、立ってもらい、

後屈と右屈をしてもらったら、

「痛くない」とのこと。

 

歩いてもらっても

「違和感がない」

と言うことでした。

 

 

もし、先生の院に

「後ろに反ると腰が…」

という患者さんが来られたり、

 

今、後屈すると腰が痛い、という患者さんが

通院していて、なかなか改善しない、

というのならば試しに、

内側上顆を押さえながら

後屈してもらってください。

 

 

 

追伸:

先の患者さん、念のために、

仙腸関節調整(左が硬かった)と

仙骨の下方調整もしておきました。

 

「他にも様々な施術方法が知りたい」と

言う先生はこちらがおすすめ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)