競合他院と差別化する方法「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「ブランディング」をテーマに
お話させていただきます。

先生はブランディングって
どんな風なイメージをお持ちですか?

その前に、
そもそもブランディングの意味について簡単に説明します。

ブランディングと言うのは「焼き印」って意味で、
牧場主が自分とこの牛に
「この牛はウチの牧場のだ~」って牛にジュジュっと
焼き印をして周りに認知してもらうやつです。

要は、「この牛はウチの牛」という他の牧場の牛と
区別をするためのもの。

そこから転じて、

同業他社の商品、サービスから
区別するために行う施策になった訳です。

商品・サービスに対して、ロゴマーク、
名称、キャッチフレーズ、容器の形など、
様々な要素を組み合わせてブランドを作ります。

こう聞くと、
「治療院はそんなの無いし、作れない」
と思われるかも知れませんが
実は全くそんなことはありません。

むしろ、治療院の場合は、
ブランディングしやすいです。

なぜなら、

「患者さんと先生」という

《個》で

繋がっているからです。

 

《個》で繋がっている患者さんに向けて
一番、効果的なブランディング方法は、

 

ストーリーを語る。

 

ことです。

 

ストーリーとは先生の話。

それこそ、

✔小さいころの話、
✔学生時代の話、
✔治療家になる前の話、
✔趣味の話などなど…

 

もちろん、

施術内容の話もいいんですが、
どんな先生が施術をしてくれているのか?
素性と言うか、
人柄が伝わるような話をしたほうが、
患者さんも親しみが湧きやすいですよね?

 

このストーリーが先生にとっての
「唯一無二のブランド」になります。

 

そんなもんで
ブランディングができると思いましたか?

 

その裏付けとして、
ファッションブランドがあります。

私はファッションに疎いので
よく知らないんですが、
よくよく調べてみると、
ファッションブランドって
デザイナーの名前、というものがほとんど。

仮に先生が好きなブランドがあれば、
そのブランドのストーリーって、
いくらでも話せると思うんです。

私はプロレスファンなんで、
1人のレスラーの名前を挙げてくれれば、
そのレスラーについてのストーリー、話せますw

逆に、
ストーリーが話せない、出てこない、
と言うのは、その人に対して、
興味がないと言うこと。

興味を持ってもらうには、
こちらから情報発信をしないといけません。

(有名人のように、ユーザーがこぞって情報を
集めてくれる、なんてことはないですからね)

施術中に話すのもいいですが、
なかなか難しいと思うので、
月1回、ニュースレター発行して、
患者さんに配る、院内に貼る、
ということをしてみましょう!!

先生の人柄や価値観が伝わり、共感されると、
その患者さんは、先生のファンになり、
他所の院に行かなくなりますよ。

仮に他所へ行ったとしても、
また戻ってきてくれます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)