16年越しに気づいたこと「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体地知恵袋の田中です。

今日は
「16年越しに気づいたこと」を
テーマにお話させていただきます。

どういうことかと言うと、
16年前に3年ほど父の院で働いていて、
その後、放浪に出て、
昨年また戻ってきました。

戻ってきて驚いたのが、
16年前、私がいた時にすでに
通院してくれていた患者さんが
今もなお、定期的に来院してくれていること。
(長いと平成10年からと言う患者さんも)

他の院はどうか知りませんが、
これってなかなか稀有なんじゃないかと。

でも、
今日はそんな話をするつもりは全くなく、
長く通ってくれている患者さんのほとんどに
共通する“あること”に気づいたんです。

それは、昔と比べて、
症状の改善が鈍い…
ということ。

それもそのはず。
私が昔にいたころから見ると…
45歳だった人が60歳。
55歳だった人が70歳。
60歳だった人が75歳。
65歳だった人が80歳ですからねw

そりゃそうだ、と言われそうですが、
大事なのはココから。

長年、来院されていて、
痛める場所がパターン化しているとは言え、
それでも、症状改善が鈍いということは、
新患さんとしてあちこち回ってきた
高齢の患者さんはもっと改善しにくいということ。

このことを頭に入れておかないと、
「自分の手技が通用しない…だと!?」
と言うことになりかねません。
(これ、私がそうでしたw)

新患さんに限らずですが、
私は、父の院に戻ってきて、
高齢の患者さんに今までやってきたことが
通用しなかったですね。

当然、
関節の固着や筋肉の伸長、劣化があるので、
私が以前、整骨院で平均50歳以下の患者さんを
診ていたこともあり、そのつもりで施術を
してしまった認識の甘さがありした。

16年ぶりに出戻ったおかげで
知り得たことはこれからの臨床において
気づくことができなかったことかも知れません。

もし、先生が高齢の新患さんを見るときがあれば、
このことを頭に入れて
施術、問診の時に説明を
されたほうがいいかも知れません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)