変化ををしたくないの?「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体地知恵袋の田中です。

今日は「変化をしたくないのか?」をテーマに
お話させていただきます。

私と40歳、違う患者さん。
辛くなると、その日に電話をくれて、
バスを乗り継いできてくれます。

私が以前、院にいたころから来てくれているので、
かれこれ15年は来てくれています。

そんな患者さんから聞いた話。

お友達が「腰が痛くて整形に行っているけど、
症状がよくならない」とこぼすそうです。
(しかも、一回りほど若いんだたとか)

「○○さん(患者さん)は痛いとこないの?」と
聞かれるそうで、
「私はカイロに行ってるから、
元気に過ごせてるよ。あなたも病院じゃなくて、
私が行っているところ、紹介しようか?」と
言ってくれるみたいなんですが、
そのお友達は断ったそうです。

しかも、会う度に
「これから整形外科に行くんだ」
「整形外科に行った帰りなの~」と
相も変わらずなことをされているそうです。

これには患者さんも
呆れた感じだったのですが、
私はお友達の気持ちも
分からないこともないんです。

なぜなら、人は
「変化することを拒む」から。

今の場所、
いわゆるコンフォートゾーンってやつです。

人は居心地がいい場所があると、
そこから脱したくない、
動きたくない感情があります。

今のルーティンを変えたくない、
変えると気分が悪い、
変えてもいいけれど、
今までしてきたことが習慣化されて、
そこから抜け出せなくなってしまう。

でも実は、拒むんではなく、
変わることに恐怖がある。

変わる恐怖に立ち向かい、一歩踏み出すと、
意外と何ともないことが多く、
むしろ変化は、いい方向に動くことが多いんですがね…

患者さんのお友達も
一歩踏み出してもらいたいです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)