1. TOP
  2. カイロプラクティック
  3. 肩の上がり下がりだけで何が分かると思う?「整体知恵袋.com」

肩の上がり下がりだけで何が分かると思う?「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の たなかひろやす です。

今日は
「最近、多用している検査法」について。

今日の内容を知ることで、
身体均整法という手技がいかに
施術前の観察(検査)を重要視していて、
それがどう施術に影響するのか?
(要は施術前の検査は大事だよって)
というのがわかります。

最近、施術前は立位での検査、
特に左右屈を観ています。

大体の人は、
腸骨稜のキワが張る、
引っ張られる、
痛みが、
違和感が…と言います。


そして、坐位。
実はこれがメイン。

坐位では、
肩の上がり下がり
(または肩胛骨下角の高さ)を観る。

この検査だけで、
どこを触ればいいのか、
あらかた分かる。

伏臥してもらい、
かかる場所を触って確認。

そして、ニヤける。
(ここだ…)と。


これは身体均整法で言う、左右型の検査。
肩の上がり下がりは以前、
記事にも書いたので、
それを参考にしてもらえればかと。


例えば、

左肩が下がっているのはフォーム3。
このタイプはだいたい
右のD9.10,11が盛り上がっています。

そして、肝に負担がかかるタイプ。
調整法としては
右のL2とD2、D11、D6を調整すると、
盛り上がって部分が緩みます。

で。

盛り上がりが緩んだら、
再検査ということで、
肩の上がり下がり、左右屈を観る。

これでだいたい改善していることが多く、
改善していない場合は、
経絡で攻めたりしていきます。


今日も「首、肩がしんどい」と1年半ぶりの来院。

検査をしてみると首の回旋は
左右とも上頸部に緊張があり、前屈しにくい。

後ろから見ると、
若干左肩が上がっているんですが、
伏臥すると、上記と同じで
右D9,10,11が硬い、盛り上がっている。
触ると「っああぁ!!」と過敏。


そこで、右のL2とD2、D6を緩めたら
右のD9,10,11も緩み、
「あれ?痛くない…なんで?」と。

坐位で首を左右回旋しても
上頸部に緊張は来なくなり
「肩がスッキリしたぁ」
と言うお言葉を頂きました。

全部が全部、左右屈での痛みが
これで取れるとは言い切れませんが、
今回の施術の方法はいわゆる、
脊髄神経反射(スポンディロテラピー)と言われるもの。

令和の時代では使う人はなかなかいませんが、
実は身体均整法は脊髄神経反射がベース。

創始者の亀井進氏も
「運動系を整えるには自律系を、
自律系を整えるには運動系を」と遺しています。

これからの時代、運動系の調整よりも、
内界からの調整が大事になるかもしれません。


追伸:
大正時代に発行された脊髄神経反射の本を
仲間の均整師が現代語訳して、
リニューアル販売をします。

リリースされたら、紹介しようと思うので、
脊髄神経反射に興味がある先生は
楽しみにしておいてくださいね。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 今日はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】 姓 メールアドレス

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 買う目的は“必要”なものより“欲しいもの”「整体知恵袋.com」

  • サッカー日本代表に学ぶレベルアップの方法「整体知恵袋.com」

  • 目指すところはどこなのか?「整体知恵袋.com」

  • 首を痛めて気づいた患者さんからみた目線「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 骨盤のゆがみって本当に骨盤のゆがみなの?「整体知恵袋.com」

  • 頭頸関節の治療法、教えます「整体知恵袋.com」

  • 付き合いが長くてもやらかしちゃう話「整体知恵袋.com」

  • 高齢の新患さんに共通すること「整体知恵袋.com」

  • ジャンボ鶴田のバックドロップと施術の刺激「整体知恵袋.com」

  • 情報発信をしよう!!「整体知恵袋.com」