施術で閃きを得る方法「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「施術で閃きを得る方法」をテーマに
お話させていただきます。


他の治療家の先生が聞いたら、
胸ぐら掴まれてビンタをくらいそうですが、
私は施術の途中で、なんかひらめいたり、
「身体がこうだから、こうやってみよう」
みたいな感じで、
感覚でやっていることがあります。

また、身体がこう変化しているから…
アレをやってみよう。

みたいな感じで
施術中に「ひらめく」ことがあります。

この「ひらめき」の発生源として、
ひとつ言えることが、
インプット です。

施術はアウトプットの集大成だと思っていて、
当然ですが、インプットしないと、
アウトプットできない。

インプットしている量が多いと、
難しい症状の患者さんが初診で来られた、
既存の患者さんが厄介な症状を持って来た。
そんな時、その症状に対して、
脳に汗をかいていると…

ピコーン!!

と来るときがあります。

 

これ、サーボメカニズムという
脳の仕組みが絡んでいます。

簡単に言うと、自動追跡システムみたいな。

例えば、
車を新しくした途端、
自分と同じ車をよく見かける。

妻が妊娠中、
やたらと街中で妊娠さんを見かける。

みたいな。そんなやつです。

意識していなくても、
潜在意識下で普段、考えていることを
脳が勝手に意識して、
勝手にそういうことを探してくれる。

施術にも、このサーボメカニズムを
利用する手はありません。

とにかく本を読んでインプットインプット。

インプットの量が多くなればなるほど、
目の前の患者さんの症状に対して、

「どう施術しようか?」
「どんな方法がいいか?」

と考えだして瞬間、
脳がグルグル目まぐるしく、
サーボメカニズムを発動して、
脳にインプットされている本の内容を
探してだしてくれて、

ピコーン
あっ!!確か、あの本に書いてあったな。

と来るわけです。

本を読んでインプットを続けていた結果、
書かれている事と、
目の前の患者さんの症状が
つながった瞬間、ひらめきが起こります。

 

追伸:
どんな本を読んだらいいのか… と
迷っていたら、こちらがおすすめ。

門書に載っていない「リアル」な症状改善のテクニック集

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)