年配の患者さんに聞いたほうがいい質問「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「年配の患者さんに聞いたほうがいい質問」を
テーマにお話させていただきます。

 

私が以前いたころ(2005年くらい)から
来てくれている患者さんの話。

この方は昔から股関節の具合がよくない。
来院当初、整形外科でレントゲンを
撮って来てもらいました。

変形は特になく、状態も悪く無い。

程よく通院されたこともあり、
股関節の具合は改善。

そんな患者さん。
最近、首の痛みで久しぶりに来院された時、
「股関節も一応、診てほしい」と言うことで、
検査をしてみると、本人が気づかないくらいの
微細な反応が出ました。

それは股関節ではなく、膝。

膝の左右差を観るべく、
ズボンの裾をまくってもらいました。
そこで、私は気づいてしまったんです。

膝のにうっすらと縫合の痕があること。

患者さんにすかざす、
「〇〇さん、これってどうされたんですか?」

「あぁ~。これ?小さい頃…40年くらい前?
激しく転んでパックリわれたんだよね。
そんなこと忘れてたよ。」

「…もしかしたら
股関節に痛みが出た原因、これかも」

この縫い痕のせいかは分かりませんが、
膝の動きもよくありませんでした。

「帝王切開や前十字靭帯断裂など
メスを入れた方は施術をお断りします」
という先生もいるほど。

私感ですが、
年齢を重ねれば重ねるほど、
皮膚も伸びが悪くなるし、
いくら伸びる皮膚とはいえ、
縫合した場所にかかる負担は
相当なものがあると思います。

縫合したあともあとで、
動かしていると、
縫合した部分に無理なチカラが加わり、
そこを庇おうとして
他に負担がかかることは
想像に難くないと思います。

これに気づいてから、
やたらと患者さんに、
「縫合したことはないか?」を聞いていますが、
若い時はそこまで感じなかった人でも、
ジワリジワリと身体の可動性減少を
起こしてる感じが見受けられることも事実。

もし、年配の患者さんで
なかなか症状が改善しない、
よくなってもすぐ戻る、
というような場合、
若い時に縫合した経験はないか?というのを
聞いてみるといいかも知れません。

本人も忘れていることが多々ありますからw

なので、最近は新患さんにも
問診表を書いてもらう時に、
骨折や縫合したことはないかを
書いてもらうようにしています。

 

追伸:
毎週金曜日に配信されている
これ、知っていますか?
→ 効果実証済みのテクニック動画集

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)