毎日、成長できる仕事「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の田中です。

今日は
「療術家は毎日成長できる職種」
と言うことをテーマにお話させていただきます。

私は施術のネタ帳…回顧録というか、
施術メモを書いています。

昔は、ノートに直接書いていたんですが、
今は、カンタンにメモ紙に書いて、
ノートに清書するスタイル。

そのせいか、
もう4月も終わると言うのに、
ノートへの清書が
12月の頭で止まったまま…💦

これが動画のネタになるとは言え、
(動画はこちらから
4ヶ月分も放置をしている自分に
腹立たしいですが、
最近、イッキに書き進めました。

そこから気づきこと。

施術ってやっぱり
マニュアルなんてないし、
その時その時の患者さんの
体の状態で変化させるものだと痛感。

例えば、
伸展で痛い腰痛という場合でも、

Aさんには〇〇のテクニックで良くなったけど、
Bさんには〇〇のテクニックはあまり変化なく、
□□のテクニックでよくなった。
でも、
Cさんは〇〇でも□□でも変化がない…

ということも多々ある訳で…

その時しか使わなったテクニックもあるし、
たった4ヶ月前ですが、
忘れているテクニックもありました。

清書していて、

「あぁ。この症状、
今ならこうアプローチするな」

とか、

「この患者さん、なかなか改善しなくて、
もう見えなくなったけど、
今ならなんとかできたかも」

とか思ってしまうんです。

そういった意味では、
療術家って毎日成長できるし、
毎日新しい発見があるし、
毎日レベルアップできる素敵な
仕事だと思うんですが、先生はどう思いますか?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】



メールアドレス

 

ABOUTこの記事をかいた人

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。 「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」 好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)