1. TOP
  2. 受ける前に知っておいて欲しいこと
  3. 告白と施術の関係(バレンタインが近いので)「整体知恵袋.com」

告白と施術の関係(バレンタインが近いので)「整体知恵袋.com」

こんにちは。
整体知恵袋の たなかひろやす です。

もうすぐバレンタイン。
本来、【男性から女性にプレゼントを贈る】
という習慣のようですが、

どこでどう間違ったのか、
お菓子メーカーのいんぼ…戦略で
【女性から男性に愛の告白】
という日本独自のイベントになっています。

今日は「告白」と「施術」を絡めた話を
シェアしたいと思います。


新患さん。
ウチの問診票に
「今まで行かれた場所は?」
と言う欄があります。

□整形外科
□整骨院
□鍼灸院
□整体
□マッサージ
□その他

などなどと書いてあるんですが、
ほとんどにチェックが
入っている人が少なくありません。

そんな色々なところを
転々とされている患者さんに話を聞いてみると、

「2回くらい行ったけど、
変わらなかったから別のところに行った」

と言う答えが返ってくることが珍しくありません。

確かに痛みに悩んでいる人からしたら、
「この痛み、今すぐ何とかしてほしい」
と言う気持ちが強いでしょう。

そして悲しいかな、こういう人に限って、

「ギックリ腰は当院にお任せ!!」
「腰痛専門の整体院です!!」
「累計○○万人の施術経験!!」

とか、ホームページで偉ぶっている院に
行っちゃう人が多いw

今日は、そんなこと言いたいわけじゃなくて、
初診(新患さん)に対しての心構えと言うか、
患者さんにも、術者の先生にも
知っておいてほしい考えとして、

デーティング

というのがあります。

デーティングとは、
外国には日本のように
【告白】という文化が無いようで、
知り合った異性とデートを重ね、
恋人としてお互いにやっていけるか?を
見定める期間のこと。

もちろん(?)
デーティング期間は他の異性とも
遊びに行ったり、
食事をしたりしてもいいみたい。

そして、
この期間の目安と言われているのが、
(明確な期間がない)
1ヶ月くらいということ。

逆に3か月を過ぎても、何もない
(彼彼女になることを友達とかに話す)
と言うのであれば、
今の関係について聞いた(確認)ほうがいいと。

…この考え方って
通院回数にも応用できると思いませんか?

やっぱり1回だけだと、
患者さんの身体の状態も分からない訳で。

2回、3回くらいになれば、
その人の身体のアラが取れてきて、
痛みの原因場所が特定までとは、
いかないにしても、アタリはつけられるハズ。

しかも、あちこち転々としていれば、
その分、余計な刺激が入っているので、
それが抜かさないといけないのも事実。

まぁ、ワタシからしたら、
その転々としてきた院、通うのを
やめなかったらもっと早く
良くなっていたかもね?と思うのですが。


要は、新患さんには、少なくとも、
短期間で、3回はきてちょうだい、ということ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【整体知恵袋メルマガ登録はこちらから】

姓

メールアドレス





 

\ SNSでシェアしよう! /

整体知恵袋.comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

整体知恵袋.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

高校卒業後、整体(身体均整法)の専門学校へ。その後、柔整の専門学校へ。卒業後の3年間はカイロプラクティック院に従事。ここでAKA博田法を含め、腰痛調整の基礎を学び、応用を会得、奥義を体得。2008年千葉県習志野市で整骨院を開業。2010年にセールスコピーライティングに出会う。その知識を使い、既存の患者さんにレスポンス型の様々なダイレクトメールの送付を開始。特に休眠患者の掘り起こし、既存患者のフォローアップ、リピート集客(患)が得意。主な実績として、328円で98,840円の売上。患者さんの声、44%の返信率。2年半休眠だった患者の掘り起こしCV12.96%。164円で12,000円の売上など。メディアは、ダイレクト出版発行 “Magazine”2014年4月、10月。No B.S.マーケティングレター2014年9月号にて事例紹介。
「痛みがなくても定期的に通いたくなる治療院を創る手書きはがきの匠」
好きなものは、プロレス(国内男女外問わず)、メキシコ、筋トレ(2010年ボディビル出場)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 買う目的は“必要”なものより“欲しいもの”「整体知恵袋.com」

  • サッカー日本代表に学ぶレベルアップの方法「整体知恵袋.com」

  • 目指すところはどこなのか?「整体知恵袋.com」

  • 首を痛めて気づいた患者さんからみた目線「整体知恵袋.com」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 腰痛と日本人の骨盤「整体知恵袋.com」

  • ハガキ職人と化して…「整体知恵袋.com」

  • 患者さんが絶対に言わないこと「整体知恵袋.com」

  • 新年のプレゼント「整体知恵袋.com」

  • 手の平が床につくまで前屈したいのか?「整体知恵袋.com」

  • 冗談じゃない!!「整体知恵袋.com」